一人で抱え込んでいませんか?
電話占いで彼氏とのお金に関する問題が解決
ついつい彼氏とあなただけの世界になりだちですが、それだと問題を一人で抱え込んでしまうことになります。 第三者の意見を取り入れるためにも、電話占いで今後の方針をはっきりさせましょう。(初回15分無料)

彼氏にお金を貸したけど、返ってこない場合はどうしたらいい?

彼氏にお金を貸す彼女

「思い切って彼氏にお金を貸したけど、返ってこない」

これって酷いですよね。あなたの思いを踏みにじった彼氏は、一体どういった心理状態なのでしょうか。

彼氏が貸したお金を返さない理由の結論から言うと、それは当然であり常識だと心から思っているからに尽きます。

彼氏に貸したお金を返してもらえない理由

言わばお金を貸してくれる彼女はATMのような存在としか見ておらず、なおかつお金の底が尽きるまで借り続ける気です。

つまるところ彼氏は自分勝手な人間でしかなく、返済の可能性はないと断言できます。たとえそうでない彼氏から「お金を貸して」と言われたとしても、誠意がある人あれば収入が手元に届けば直後に返済してくれるものです。

それはひとえに金銭というトラブルの火種を消したい気持ちや後ろめたさを感じているからこそですが、一向にお金を返さない人はそういった人間として持っているべき恥じらいがないと言えます。いずれにしても、ややこしい事態は避けられないです。

彼氏に貸したお金を返してほしい場合の伝え方

恥知らずな人間はストレートな言い方をすると逆ギレします。

誰だって自分の駄目な部分を指摘されれば不愉快な思いを抱きますが、恥知らずな人たちはいきなり現実を叩きつけられるとそのショックの矛先を現実を見せつけた人に向けます。

それだけでも面倒ですが、この場合において面倒なポイントは恋人の関係です。

全ての恋人たちが当てはまるわけではないものの、彼氏は彼女を自分の所有物だと捉えています。その所有物が突然生意気な事を言ったら、腹を立てるのは言うまでもないです。

人間は感情で動く生き物なので怒りのパワーに漲れば、トラブルを引き起こします。

それを避けるためにも、遠まわしな言い方は前提条件です。あとはそれとなく「困っているのは自分だけではない」とプレッシャーをかけるのが効果的だとされています。

どうしても彼氏がお金を返してくれなかったら場合の対処法

どうしてもお金を返してほしい!という場合には、どういった対処法が考えられるでしょうか。

ここでは2つの解決方法について見ていきます。

1.分割払いさせる

どうしても彼氏に返済してほしいなら、分割払いさせる方法が挙げられます。

分割払いとは週1や月1など支払うタイミングを複数回分けておき、最終的に全額支払いを目指すという払い方です。

一括払いができない場合の妥協案ですが、彼氏が恥知らずなら分割払いをさせるにはコツが要ります。

そのコツとは大儀です。

恥知らずな人間は他人の目、特に世間の目を気にしています。その目が白い目になる事を嫌っており、それを避けるためであれば無茶をするのも厭わないです。

そういった意味合いでは弁護士に頼って法的な処置をする選択も悪くありませんが、身内だけで済ませたいなら外出時に財布を持って行かずに食費などのコストを支払わせる事で結果的に分割払いを狙う方法が挙げられます。

遠まわしな支払い方ではなく、直接現金で返してもらいたい場合は「妊娠した」と動揺させて冷静さを奪い、逆にお金を貸してほしいとねだるといった方便を使うのが基本です。

2.第三者に協力を仰ぐ

第三者に協力を仰ぐ、この方法は彼氏に返済を求める方法の代表格です。

協力を仰ぐ第三者は彼氏の両親がまず挙げられます。両親を頼るのは効果的で、彼氏からすれば実の親に叱られる事はいたたまれないものです。協力を仰ぐにはある程度の交流が必要ですが、もしそうでなくても「これをきっかけに別れ話を持ちかけようと考えている」など別れを意識させれば、十中八九協力的になります。

その理由はひとえに「孫の顔が見たい」という親心です。

どんなに意地を張っても、子供の結婚式や生まれてくる孫の姿を見たい欲求は本能的に存在しています。それを利用すれば協力者になる可能性は高いですが、親以外の第三者となれば女友達です。

男友達なら同性ゆえに指摘されてもスルーされがちですが、女友達からの指摘だと心に響くものがあると言われています。

3.利子を付ける

利子をつける、この方法は彼氏だけでなく返済してくれない人に有効です。

実際に個人の間柄でも利息や遅延損害金が適用される事は法律で認められており、たとえ現金による支払いは難しくてもジュースといった物品で代用される事もあります

利子で大事なポイントは暴利にならない事、そして合意の上で行われる事です。これらのポイントを守らなくては利子は成立せず、それどころか人間関係にヒビが入ります。

そんな利子をつける方法は、まず貸したお金の本来の使用目的です。

映画や買い物などプライベートで使うはずだったり生活費に用いるはずだったり等正当な理由があり、それを主張することによって利子を発生させる権利があると言えば反論できないので返済してくれる可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました