一人で抱え込んでいませんか?
電話占いで彼氏とのお金に関する問題が解決
ついつい彼氏とあなただけの世界になりだちですが、それだと問題を一人で抱え込んでしまうことになります。 第三者の意見を取り入れるためにも、電話占いで今後の方針をはっきりさせましょう。(初回15分無料)

彼氏にお金を貸してと言われた場合の上手な断り方とは?

彼氏にお金を貸す彼女

大切な存在であるはずのあなたにお金を借りようとしてくる彼氏って問題ですよね。

彼女にお金を借りる彼氏というのは、彼女に対する甘えや自分の言うことを聞いてくれるだろうという希望的観測が強いことが分かります。

スポンサーリンク

彼女にお金を借りようとしてくる彼氏の心理

一般的に、恋人感でお金をかりることはそれほどあることではありません。恋人であっても結局は他人なので、借用書がなければお金を返してくれる確約はないからです。

それでも長年連れ添った彼女への甘えや、自身の自己管理の怠りからお金を彼女に借りようとしてくる彼氏というのは少なからず存在し、後々金銭トラブルに発展するケースが跡を絶ちません。

もし、自分の彼氏がお金を貸すように催促してくるのであれば、あれこれと理由をつけてきっぱりと断ることです。小学ならいいかという考えが、どんどん金額が大きくなっていき、取り返しの付かないことになってしまうこともあります。

彼氏にお金を貸してと言われた場合の上手な断り方

万が一、彼氏にお金を貸してほしいと言われたとき、上手な断り方を紹介します。

最も重要なことは、貸す素振りを見せないことです。今は考えさせて欲しい、といった方便は相手に期待をさせてしまい、問題を先延ばしにするだけなので、最もやってはいけない断り方の一つです。

後から催促をしてくることになるため、逃げ回っていても逃げ切れるという確証はないのです。できれば勇気を出してきっぱりと断ることが一番良いです。

断りにくい場合には、自分の金銭状況も余裕がなく、人に貸してあげられるお金がないことをくどくどと説明することは効果があるといいます。はじめは遠回しに断っていても、粘りがちでお金を借りようとする人に対しては、はっきりと断ることが効果的です。

彼氏にお金を貸してと言われた場合に断れないとこうなる

お金を貸して欲しいという彼氏とは、後々トラブルに発展する可能性がかなり高いです。彼女にお金を借りようとするのだから、周囲にもお金を借りようとしている可能性も強いのです。

そのため、彼氏にお金を貸してほしいと言われた場合には、きっぱりと断った後に冷却期間を置くことをおすすめします。この場合の距離を置くということは、物理的な距離を置きます。

近くにいると情に負けてお金を貸してしまう事になりかねません。仕事や学校が忙しいと何かしら理由をつけて、物理的な距離を置くことで、彼氏のことを冷静に考えることができます。

今後、お金にまつわるトラブルが起きることを考慮して、別れるという道を選ぶのも一つの方法です。お金の貸し借りはトラブルになりやすいので冷静に対処することです。

彼氏にお金を貸すのは別れのサイン? 別れの原因となる理由とは?
彼氏がお金に困っているならば、助けてあげたいと思いたくなります。あなたは彼女さんなんですから、当然ですよね。 でも、それでお金を貸してしまったら、関係がそこで終わる可能性があります。なぜなら、その状況は彼氏がお金にだらしないせいだとい...

既に彼氏にお金を貸してしまった場合の対処法

「大好きな彼氏だから、信頼できる人だから」という理由から彼氏にお金を貸してしまうこともありますよね。

残念ながら、感情と事実は分けて考えたほうがいいです。つまり、そのお金は返ってないものであると考えると気持ちが楽になりますよ。

人にお金を借りるくらいだから、金銭にだらしない男であることは明らかです。少額だから良いといわけではなく、お金を貸す場合は帰ってこないことを前提に揚げてしまうくらいの気持ちで貸したほうがあきらめが付くのです。

万が一、まとまった学のお金を貸す場合には、きちんと借用書を作成してから貸すようにしましょう。借用書がなければお金の貸し借りの記録は残っていないので、後々トラブルに発展した際には自分が不利益を被るからです。

少額の場合はお金の切れ目は縁の切れ目ということで、別れを告げて全力で逃げるのもおすすめです。

少額なら彼氏にお金を貸しても大丈夫? それとも危険?
付き合っている彼氏になら、お金を少額であれば貸しても大丈夫ではないかと多くの女性は考えがちです。しかし昔から、お金は親しい人にこそ貸してはいけないというのが定説です。 付き合っている彼氏でも少額を貸してはいけない理由 たとえ彼氏でもお金...

断られた彼氏が激怒した時の対処法

お金を貸すのを断ったとき、彼氏が激としたときにはとにかく全力で逃げることです。金銭トラブルが暴力沙汰に発展するケースは珍しいことではないため、まずはとにかく自分の安全を確保することです。

お金を借りようとした彼氏と同性をしている場合には、数日から1週間は家を出て友人のところかまたはホテルに身を寄せることをおすすめします。お金を催促される可能性もあるので、そうならないために距離をおいて冷却を図ることが大切であります。

もし、未成年である場合には親御さんに頼んで弁護士を入れてもらい、別れを告げてもらうことも効果があります。激高したときに一緒にいることはとても危険です。金銭トラブルが大きなトラブルに発展するリスクを回避しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました