一人で抱え込んでいませんか?
電話占いで彼氏とのお金に関する問題が解決
ついつい彼氏とあなただけの世界になりだちですが、それだと問題を一人で抱え込んでしまうことになります。 第三者の意見を取り入れるためにも、電話占いで今後の方針をはっきりさせましょう。(初回15分無料)

彼女にお金を借りる彼氏の心理とは? ぶっちゃけ負い目はない?

彼女にお金を借りる彼氏

彼女にお金を借りていました。

今は反省していますが、ぶっちゃけ当時負い目はあまり感じていませんでした。

というのも、パチンコでお金を使ってしまい、お金を取り戻そうと必死だったためです。

今こそ冷静に「なんであんなことしたんだろう」と思えますが、当時は余裕がなかったため、あまり罪悪感は感じませんでした。

彼女にお金を借りようと思ったきっかけ

パチンコにのめりこんでしまい、消費者金融から融資を受けました。

初めは金利もなかったので気軽な気持ちで借りたのですが、金額が膨らんでいくうちに給料から毎月の支払いをするのが苦しくなったのが彼女にお金を借りようと思ったきっかけです。

パチンコをやめればよかったのですが、負けを取り返そうとしているうちにあっという間に負債が膨らんでしまいました。

初めのうちはもちろん給料から返していくつもりでしたが、ボーナスで補てんしても返しきれなくなってしまって融資も受けられませんでした。

家族にも言えないので彼女に借りようとしたのがきっかけです。

初めからそんなことは考えていませんでしたが、やむを得なかったというのが実情と言えます。

彼女にお金を借りることに対して罪悪感はないのか

彼女にお金を借りることに関しての罪悪感は、無いと言えばうそになります。

彼女も決してお金持ちというわけではありませんでしたし、なけなしの貯金を貸してもらえるかどうかわかりませんでした。

でも、他に頼める人がいませんでしたし、そのうち結婚するつもりでいたので助けてほしいというのが実際のところです。

もちろん、返す目算はありましたしパチンコは一切やめるという決心も固かったので罪悪感は次第に薄れていきました。

向こうが好きになって交際が始まったというのも、一つの理由かもしれません。

これが、自分の方が好きな関係なら、嫌われたくないから言えないかもしれませんがどちらかというと逆のパターンなので、言いやすかったというのもあります。

お金を借りた彼女の反応

お金を借りたときの彼女の反応は、少し不安そうでしたが結婚する予定でいるということを同時に伝えたのでうれしそうでした。

確かに、お金を借りる動機があまり褒められたことではありませんので初めは少し嫌そうだったのですが、結婚の話をしたらすぐに貸してくれたのが印象的です。

前からプロポーズを待っていたみたいだったのですが、借金があるのでそれもできずにいました。

向こうもなけなしの貯金だったみたいなので、かなり不安とは言っていましたが自分が守っていかなければならないという責任感もわいたのが実際です。

やっぱりまとまったお金を人に貸してもらうというのは、借りるよりも貸す方が何十倍も不安が伴うのは彼女の表情でわかりました。

結局お金は返済することができたのか

お金は結局全部は返すことが出来ていませんが、まとまった収入があった時に少しずつ返しています。

というのも、勤めていた会社の経営状況が悪化してしまって収入が大幅にダウンしてしまったためです。

そのため、返済計画が変わってしまいました。

でも、彼女は嫌な顔はせずに待っていてくれています。理由を話したら月々の金額を減額してくれたので、その金額とボーナスが入った時にプラスしているので順調です。

全額返済する為にまだまだ時間がかかるので気が遠くなりますが、パチンコももう行っていませんしきっぱりと足を洗いました。

本当は一括返済したいのですが、収入がアップする目算がありません。アルバイトやダブルワークをして返済することも、検討中です。

その後の関係性に変化はあったか

一度だけ彼女の方が不安だったのか怒りが爆発したことがあって、その時に別れるかもしれないほどの危機的状況になったことがあります。

でも、自分が悪いので何も反論しませんでしたし相手の気持ちもわかるのでこちらが謝って相手をなだめて事なきを得ました。

それ以降は、減額はしたものの毎月返済はしているので信頼してもらえたようです。

以前より信頼関係が深まったのは、こちらが約束を守っていることやプロポーズが前提にあることが大きいかもしれません。

お金を完済しないと、結婚は難しいですが少しお金に余裕が出来たら結婚したいと考えています。

その為には、一日も早く返済を終えることが重要です。

彼女も自分に対して、見直したと言ってくれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました